2007年02月02日

◆ザ・リッツ・カールトン大阪

早いですね。

もう2月になりました。

今晩はやけに冷え込みますね。




今日はとても良いセミナーを聞いてきました。

講師の方は、元ザ・リッツ・カールトン大阪の営業統括支配人でありました

林田正光先生「満足を超えた感動サービス」とは?
といった、商工会議所主催のセミナーに参加して来ました。





カリキュラム内容は


1. 感動サービスで神話を創れ!
2. 1人1人がレディス&ジェントルマンであれ!
3. 従業員へ共通の価値観を作る仕組みとは?
4. なぜ5つの満足度経営が必要なのか?



4つの題材を基に順番にお話して頂きました。

社内での共通の価値観を創るクレドから成り立つ接客の大切さ、

お客様への思いやりをお話して頂き、改めて「ホスピタリティー」

の大切さを教えて頂きました。




実は林田先生とは、15年前に接客業務に携わる私に直接、講習をして

頂いた事が過去にあります。


その当時は、藤田観光の「太閤園」で支配人をされていましたが、

今も変わらずお元気で、ほんと懐かしく思えました。




太閤園での就任中に体調を崩され半年間入院生活を過ごされたと

聞きました。

退院する2ヶ月前、日本経済新聞に

「リッツ・カールトン、日本に進出。大阪梅田に2年後」

という記事を見られて。それを見た瞬間に、

「よし!」と思われたそうです。



その後、かなりの高倍率の中でザ・リッツ・カールトン大阪の

営業統括支配人のポストを獲得されました。



そして、京都全日空ホテル社長業務、

彦根キャッスルホテル社長業務を経て


現在の㈱HAYASHIDA-CS総研を創立されました。



やはり、そのような職歴の方なのでお客様に対する思いやりの気持ちは

セミナーの中でとても力強く伝わりました。



私が今日個人的に気づかせて頂いたことは、

お客様の事(知人や家族も含めて)に心配りが出来る様になれば

また、その心に気づいてくれる人達がいて

それがまた、人脈となる。

人生そのものが、CSやホスピタリティの心が大切であると

気づかせて頂きました。


おすすめの100冊







ポチッと! クリックお願いします。
同じカテゴリー(接客)の記事画像
本当のサービス。
1対29対300
こんな言葉。
商売とは?
東京ディズニーランド
楽しいスタッフ
同じカテゴリー(接客)の記事
 本当のサービス。 (2007-03-16 00:05)
 1対29対300 (2007-02-23 21:02)
 こんな言葉。 (2007-02-22 18:56)
 商売とは? (2007-02-08 21:15)
 東京ディズニーランド (2007-02-05 18:58)
 楽しいスタッフ (2007-01-25 17:39)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。