2007年02月23日

1対29対300

「々」


  何て読むか分かりますか?




 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・


 



 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・




正解は、







「読み方はありません。」




すみません。タラーッ



「々」 は、漢字を繰り返す時に使われます。

たとえば、「佐々木」→「佐佐木」とか「人々」→「人人」のように

使われていて、漢字ではなく 記号 なんですよ。

Yahooの辞書で検索すると。


この記号は、 「繰り返し記号」「踊り字」 などと呼ばれ、

ほかにも「ヽ」「ヾ」「ゝ」「ゞ」「〃」などがあると書かれていました。


なので「読み方はありません。」 でした。











ところで、1対29対300 の事ですけども。

これは、ハインリッヒの法則 と呼ばれていて、

労働災害の発生確率を分析したものです。





ハインリッヒの法則 ・・・ 1:29:300




どういう事かと説明しますと。





1件 の大事故、大失敗の背景には


29件の小さな事故があり


さらにその背景には 300件 の取るに足らないと


思われる小さい事故がある。


という事です。




たとえば・・・




1件の大失敗の裏には、



29件のお客様から寄せられた



クレーム、苦情で明らかになった失敗がある。


さらにその裏には、


社員やスタッフが 「しまった!」 と思っているが、


お客様からのクレームが聞こえてこないため、


見逃しているケースがあるという事ですね。





反対にいうと。

小さな、小さな、事故が300件たまると

中規模の事故がおこります。

それが29件たまれば、

1件の ”大事故” が・・・・。





ほんと、怖いです。叫び



お店の掃除、服装の乱れ、言葉遣い、など

注意しなければいけませんね。





そう。





「凡時徹底」の心を忘れずに!  


Posted by Betch。 at 21:02Comments(0)接客